二胡の糸巻きの材質について

この記事は1分で読めます

二胡の糸巻きには、金属製と木製のものがあります。

金属製の糸巻きは、ねじ式になっているので、チューニングしやすい反面、ねじがゆるみやすく、特に演奏中に弦を強く押さえると、弦が下がり、音が外れることがあります。また、数年使用すると、ねじが甘くなり、メンテナンスが難しくなります。音を出したとき、振動が金属部分まで伝わり、音が悪くなります。

木製の糸巻きは、棹にしっかりと差し込まれるため、微妙なチューニングが難しいのですが、微調整アジャスターを付けることにより、簡単になります。そして一度、音の調整が出来るとその状態を保つことが出来ます。

二胡専門店名師堂では、木軸の糸巻きの短所を解消するために、入門者・初級者の方でも、スムーズにチューニング出来、バイオリン用のアジャスター(微調整金具)よりも扱いやすい二胡専用アジャスターの使用をお勧めしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

二胡専門家 曽朴(そぼく)による、動画による無料の二胡レッスンへの入口です。レッスン動画を見たい方は、メンバーサイトへお進みください。(最初に一度登録が必要です)

安心して二胡が購入できる二胡の専門店名師堂・東京・大阪・神戸

きちんとした基礎が身に付くSOBOKU二胡教室・東京・大阪・神戸